読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたをのぼって

少しズレてることでも意外にも君には響いていたりして

フリップフラッパーズ 感想

こんにちは

今回は昨シーズンのアニメ、フリップフラッパーズの感想をば。

昨シーズン通して観ていたのですが、見逃していた分をようやくAbemaで観れたのでやっと書けます。

 f:id:kyassablue1:20170125181753j:image

 

 

結論から言うと最高でした。オリジナルアニメということで特に前評判も知らずなんとなく観始めたのですが、まさかここまで化けるとは。

 

まず素晴らしいのがOP&ED

OPの特にサビはZAQの圧倒的な歌唱力と疾走感溢れる曲に合わせて戦闘シーンが暗さとミステリアスを孕みながら描かれていて観るたびにワクワクするものでした。

一方でEDは画面が西洋の童話のような画風の上半分とパピカやココナたちが様々な表情を見せる下半分で構成されており、幻想的な雰囲気を纏っていました。この独特なEDの魅力は簡単には言語化できませんがどこか惹きつけられるものがありました。EDだけでも一見の価値あり。

 

さて、本編ですが、前半を観終えた頃の感想はよくわからないけど面白いなぁという感じ。ピュアイリュージンとは何なのか、あのグラサンや覆面集団は何者なのか…そのあたりに言及されることもなく物語が進んでいって謎は深まるばかり。しかし物語は2人の女の子がホラーやメルヘンな世界を1話完結で冒険していく形式で、作画のクオリティの高さも相まってとても面白いなと感じていました。何より天真爛漫なパピカと戸惑いつつも心をココナの組み合わせが見ていて楽しかったですね。

 

そして物語の後半。ピュアイリュージンの謎、ソルトの過去、ミミの正体…物語は一気に進んでいきます。その中で僕が一番目を引かれたのがヤヤカです。後半に入りヤヤカのココナへの想いが徐々に表れてくるにつれてニヤニヤしてしまいましたね。そしてついには大胆な告白。まさに女の子の特権です。ヤヤカのキャラはありていに言えばツンデレですが、ツンデレという言葉では回収されないぶっきらぼうさとクールさ、切なさがヤヤカの魅力です。特に最終回のヤヤカのこの表情はなんとも憎いなぁ…

f:id:kyassablue1:20170125183335j:image

 

物語が様々に展開していく中で最後にパピカとココナが互いを助けるための動機が「相手のことが大大大好き」というのは素直ながらも力強くてとても心に響きました。これにはヤヤカも敵わないなぁって思ってしまいますよね。

 

物語の謎は全て解決したとは言い難いですが、ワンクールという期間の中で無理にこじつけたり風呂敷をたたむよりも謎を残しつつ2人の冒険は続いていく終わり方は良かったのではないかと思います。視聴者側も何周かして考察を深めていける深い作品になったのではないでしょうか。

フリップフラッパーズの総評としては、作品として奥深さがありながらも、ピュアイリュージンという異世界の冒険を通したココナの成長やパピカとココナ(時々ヤヤカ)の友情物語などすっきりとしたテーマで描かれていて味わい深さと楽しさを感じられるとても良いアニメでした。百合要素もたまりませんでしたね。

 

f:id:kyassablue1:20170125200626j:image

今回はここまで。

ではでは〜